第30回番組審議会 議事録

1. 開催年月日  平成29年9月22日 12時00分~14時00分

2. 開催場所   あづみ野エフエム 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
出席委員  3名
平倉 勝美  副委員長
浅川 拓郎  委 員
輿  智幸  委 員
※細川修委員長の後任(H29.8.7~委嘱)
欠席委員  2名
平林 千代  委 員
細川 博水  委 員
放送事業者側 5名
花村  薫   代表取締役
飯沼 博則  取締役
中田 公久  局長
佐々木幸輔  編成業務部長
田中 博敏  総務営業担当マネージャー

4. 議題
(1)花村社長あいさつ
(2)委嘱状交付
(3)放送運営状況、事業動向について(報告)
(4)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
(5)番組審議
① おひさまサークル内「穂高サークル」
② その他番組について

5. 議事の概要
前回の審議会の意見に対する措置状況等の報告に続き、
おひさまサークル内の「穂高サークル」、その他番組について審議

6. 審議内容
(1)おひさまサークル内「穂高サークル」について
・○○サークルは、豊科、穂高、三郷、堀金、明科の5地域のいずれかに特化した
コーナー名。今回は穂高地区を取り上げたものを審議
・まだ出来ていない地区もあるとの事なので、各地区を一回りしてもらえると良い
・何かテーマを決めてやってもらえると良いと思う
・外の人を出してほしいが、人が来すぎて困るという問題もあるかも知れません
・都合をつけて来て下さっているわけだから、きちんと出演させて欲しい
・いつものメンバーでやっているという印象を持ってしまう
・放送を聴いたという声が広がっていくと良いと思う
(2)その他
・起業する人を盛り上げていく番組の検討をしてはどうか
・月に一度やっている朗読会の取材を検討して欲しい
・お年寄りに向けた番組検討はどうか。演歌、童謡、唱歌を流す番組はどうか
・作詞家別、作曲家別で特集を組んでも良いと思う
・FMで聞くことで特別感が持てるというお年寄りもいると思う
・民話なら何回聞いても良いと思う

7. 審議機関の意見に対しての措置
(1)おひさまサークル内「穂高サークル」について
・テーマを決めての取り組みや、様々な人の出演を検討していきたいと思うが、
人間関係やパーソナリティの力量などもあり、準備が難しいため今後の課題としたい
・どうやってスポンサーを付けていくかという課題もある
・レギュラーとして定着させるため、続けることに重点を置きたい気持ちもある
・地域の人、なるべく一般の人の声も届けられるように、外に出ていきたいと思う
(2)その他
・起業を目指している方の紹介番組を、商工会等とも相談しながら進めていきたい
・演歌、童謡、唱歌の番組については、独自で作る必要があり、
効率的に行う方法を検討していきたい
・民話が少し長いと感じるため、15分ぐらいに再編成したい

第29回番組審議会 議事録

1. 開催年月日  平成29年7月25日 13時00分~14時00分

2. 開催場所   あづみ野エフエム 会議室

3. 委員出席 委員総数  5名
出席委員  3名
平倉 勝美  副委員長
細川 博水  委 員
浅川 拓郎  委 員
欠席委員  2名
細川  修   委員長
平林 千代  委 員

放送事業者側 5名
花村  薫   代表取締役
飯沼 博則  取締役
中田 公久  局長
佐々木幸輔  編成業務部長
田中 博敏  総務営業担当マネージャー

4. 議題
(1)花村社長あいさつ
(2)放送運営状況、事業動向について(報告)
(3)前回審議会の意見に対する措置状況について(報告)
(4)番組審議
① オリビアのあなたの想い出きかせとくりや
② その他番組について

5. 議事の概要
前回の審議会の意見に対する措置状況等の報告に続き、
「オリビアのあなたの想い出きかせとくりや」、
その他番組について審議

6. 審議内容
(1)「オリビアのあなたの想い出きかせとくりや」について
・ものわすれ予防体操 に参加されている方へのインタビュー番組
・マイクを向けても喋ってもらえない人が多い中、喋ってもらえる人を探すのは
大変だと思うが頑張ってください
・80代のお年寄りの話が良かった。心が温まり、同世代であれば共感でき、若い
世代には為になると思う
・お年寄りの思い出話に絡め、博物館長の話を入れる等も行い、安曇野の昔の様子
をラジオで取り上げるのも良いと思う
・聴かれるお年寄りの認知症予防にもなり、聴く側の若い世代に昔の事を
知ってもらえるという 良い番組だと思う

(2)その他
・レポーターの勉強会や研修も検討すると良い。社内のプロの方を生かしては
どうか
・まちづくり多士済々 の再開は喜ばしい。市長を取り上げる番組ができると良い
・インタビューアは高校生のような若い世代にやってもらうのも面白いかも
知れない。インタビューの仕方でもっと面白い話を引き出せると思う
・さらに安曇野市からラジオというメディアを活用してもらえるようになれば良い
・○○サークルの取り組みも良いと思う。区や公民館のような小さな単位の
積み重ねも良いと思う

7. 審議機関の意見に対しての措置
(1)「オリビアのあなたの想い出きかせとくりや」について
・インタビューの仕方も工夫し、引き続きお年寄りの方に話を聞いていく
・外に出ることで、リアルな話を聞けると考えるため、引き続き、
外に出てのインタビューや公開生放送を手掛けるようにしたい

(2)その他
・リポートも慣れと共に、如何に聞き手に伝えていくかではなく、
自己主張をしてしまう傾向があるため、研修等でスキルを上げていきたい
・高校の放送委員と協力して、インタビューやアシスタントをやってもらう事を
検討していきたい